自分の力でがんを治す

困る女性

がんの治療法は外科治療、放射線治療、抗がん剤治療が今までの標準的な治療法として行なわれてきました。今まで行なわれてきたがん治療は、そのどれもが患者にかかる負担が大きいものでした。そのため、壮絶な闘病生活を強いられる人が数多く存在していました。患者への負担が大きい治療法は、がん患者の死亡率が高くなる原因の一つとして考えることができます。この状況を改善しようと、世界中で多くの研究者が体に負担のかからないがん治療の研究開発を続けてきました。このような経緯で誕生したのが、がんの第4の治療法といわれている免疫細胞治療法です。免疫細胞療法とは、免疫の力でがんをやっつける免疫治療のことをいいます。現在、免疫の力は、がん治療の世界で多くの注目を集めています。

医学の進歩によってがんに対する免疫の働きが徐々に解明されてくると、体内に元々備わっている免疫細胞の特性を生かしてがん細胞を攻撃できないかという発想が生まれてきました。この発想のもと、免疫治療が開発されてきたのです。患者に対する負担が少ない免疫治療は、テレビなどのマスメディアも注目しています。

免疫治療のメリットは、体への負担が少ないこと以外にもたくさんあります。免疫治療は、他の治療との併用が可能であることがわかっているため、複合的な治療によってより病気を治す可能性を高くすることができると考えられています。また、再発予防の効果も治療できることから、がんの再発リスクに対する不安を解消することにも役立つと予想されます。