体に負担をかけない治療法

笑顔の婦人

大腸がんは日本人の多くがかかる病気です。胃がんに次いで二番目に多いがんであり、50代を超えた年代から増加する傾向にあります。以前は高かった大腸がんの死亡率は、医療が発展してさまざまな治療法が普及したことにより、現在では低くなってきています。そのため、大腸がんと診断されてもあきらめずに治療方法を探すことが大切です。

大腸がんは早期の段階では自覚症状が少ないといわれています。そのため、内科や消化器科、胃腸科、肛門科などで定期的に検診を受けることが大腸がんの早期発見に繋がると考えられます。また、血便や下血なども大腸がんの兆候の一つなので、自身で異変を感じた時にはすぐに病院で診察を受けることをおすすめします。

大腸がんの治療方法については、外科手術、放射線治療、抗がん剤治療が標準的な治療として考えられています。この3つの治療方法は、副作用が近年ではこの3つの標準的な治療方法に加えて、免疫細胞療法が第4の大腸がんの治療方法として注目されています。この免疫細胞療法は、患者への副作用が少ない治療法として評判です。大腸がんの治療は、患者の年齢によって、負担の大きな治療法を回避しなければならない場合も出てきます。しかし、従来の治療法はどれも患者の負担が大きなものであるため、治療法の選択にも慎重な判断が迫られていました。免疫細胞療法は、患者への負担が少ないことから、幅広い年齢層の大腸がん治療を実現しています。また、免疫細胞療法は入院をしなくても良いため、普段の生活に支障をきたすことなく治療を継続できるというメリットもあります。